お問い合わせ

みつわニュース

2010年1月1日

編集後記 2010年1月号

最近アメリカではわずかながら、洗濯物を外に干そうという動きが起こっているようです。日本では外干しは当たり前ですが、アメリカでは「景観を損ねる」「貧困の象徴」という理由で外干しは根強く敬遠されてきました。しかし、乾燥機の電力は一般家庭の電力消費量の約6%をしめ、エコの観点からも見直しの動きが出始めています。ただ、長年の習慣はなかなか変えられないのが現実とか。
世界中で外干しをすれば、地球も少し癒されるかも・・

2009年10月4日

みつわトピックス 2009年10月号

~第54期決算を終えて~

朝夕めっきり秋を感じる候となりました。
日照不足、降雨の多さで心配していた稲の収穫も私の近くでは約大半が過ぎました。
このまま豊作を期待したい気持ちで毎日眺めています。
政権も変り新しくスタートしました。良くなる、悪くなるなど色々話は聞きますが、最後は我々自分に返ってきます。単なるマスコミには乗せられたくないものです。
さて、月日が経つのは全く早いもので9月は当社本決算となりました。厳しい経済下です。急きょ緊縮事業計画を作り直し、4月下期からスタートしました。販売は約18パーセントダウン。製造台数もダウンです。このような中、効率在庫、仕入れ減、残業時間減、広告宣伝費減、出張費減など社員一同の努力で利益は約40パーセント減にとどまりそうです。
来期は1月新製品完成です。気持ちを新たに早く皆様のお役に立てるよう頑張ります。(小林幹生)

2009年10月3日

営業トピックス 2009年10月号 ~意外にゴムも使えます~

~意外にゴムも使えます~

当社ゴムライニングポンプは、もとはセラミック原料の移送用として接液部品の耐久性を求めた結果、辿り着いたポンプですが、近年では摩耗+腐食に対する用途でのご採用が増えたように感じます。
耐食ポンプといえば、マグネットポンプなど樹脂製のものというイメージが一般的で、ゴムを比較で考えてみても、耐食性では敵いません。しかし、ここに「スラリー」というキーワードが入ると樹脂製のポンプでお困りのお客様が意外に多いようです。
大抵はスラリーによる摩耗や、異物の閉塞による空運転等が悪さをして故障に繋がっているようですが、当社ゴムライニングの場合

  1. もともとスラリー対応の為、摩耗に強い。
  2. セミオープンまたは特殊インペラで詰まりが生じ難い。
  3. オイル潤滑のダブルメカで少々の空運転にも対応。

 
等の利点が働くケースもあり、故障が少ない為、結果的にランニングコストの低減にもご助力致しております。
特に、半導体・電子工場やケミカル工場では、酸系の排水も有り、多数ご使用頂いております。
お困りのポンプがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。(小林三郎)

2009年10月2日

みつわ営業奮闘記 2009年10月号

新井 晃一

営業に出て、2年が経過しました。
近頃は、ポンプ修理等も私一人でさせていただくようになりました。
現場での作業は、てきぱきこなさないと、気持ちが折れてしまいそうになります。
私のレベルでは、朝一現場入りの、夕方完了。休憩・飯抜きでやっと1台の修理を終えられるかどうかといったところです。
ですが、一人で修理を任され、終えた後の収穫は私にとって、大きなものとなります。
次回は、インペラーナットは炎で炙ってから緩めるようにします・・・。
プーリー抜き道具を絶対忘れないようにします・・・。

2009年10月1日

編集後記 2009年10月号

今年の夏のグリーンのカーテン計画の結果は・・・やはり成功ならずです。きゅうりは収穫したものの十数本程度・・・西洋あさがおもカーテンというには頼りないものでした。
立派なグリーンカーテンのお宅を見かけると羨ましいばかりです。来年こそは・・・・・
そのかわり、DIYで庭のフェンスやゲートを製作しました。現在もDIY計画進行中です。こちらも廃材利用をメインにして、エコ・マインドは忘れません。

2009年8月4日

みつわトピックス 2009年8月号

~新製品開発に向けて~

梅雨の候となりました。本年も特に九州、中国地方で大きな被害が起きています。
昨年も同じような現象が起きました。被災地の方々には心よりお見舞い申し上げます。
これが地球の構造変化であれば、今後を考えると恐ろしいことです。早くさっぱりとした夏が来てお盆を迎えたいものです。
この時節当社では新製品開発に取り掛かっており、今年度中にはある程度の見通しを立てたいと考えております。財源不足、仕事不足、人員不足の中でのトライですが、やはりメーカーとして将来に託したい商品はあるものです。最近、当社に於いても科学的な研究手法は驚くほど向上し、関係者一同真剣に取り組んでいます。早く完成させ、皆様のお役に立ちたいと願っております。
是非、楽しみにお待ち下さい。また、完成の暁には何卒よろしくお願いいたします。(小林幹生)

2009年8月3日

営業トピックス 2009年8月号 ~太陽電池関連にラバーセルポンプ採用~

~太陽電池関連にラバーセルポンプ採用~

今期、最も話題になっている業界、太陽電池関連に於ける、製造工程排水・各種排水関係にラバーセルポンプを多数採用していただきました。
採用して頂いた主な理由と致しまして下記の3点が挙げられます。

  1. 自吸式であるため (付帯設備必要なし)
  2. 軸封ダブルメカニカルシール (外部への漏洩なし)
  3. 耐摩耗、耐腐食性に優れる (接液部ゴムラーニング)

太陽電池製造工程には、非常に細かい粒子を含む廃液、排水などが流れます。
また、強酸~強アルカリへの変動もあるとのことで、ポンプには類稀なる“タフさ”が求められます。
さらに、“環境関連に特化したポンプ”であることが認められ採用に至りました。(新井)

2009年8月2日

みつわ営業奮闘記 2009年8月号

池川 宏二

やっぱり夏は暑いですね。
7月中旬に東京へ出張に行った際も、連日35℃を越す真夏日で汗だくでした。私は、スーツの上着を片手にネクタイを締めていましたが、営業マンの方でも半そでワイシャツにノーネクタイの「クールビズ」スタイルの方がかなり増えているように思いました。確かに、スーツにネクタイの汗だくスタイルより、すっきりさわやかな「クールビズ」スタイルの方が好印象では・・と思いました。
本社(三重)にいる際は、半そで作業服の「クールビズ」スタイルですが、車で営業することが多く、日差しの強い日はクーラーも効かず、やっぱり汗だくです・・・徐々に増える体重の影響かも知れませんが・・・
景気の方は、工場稼働率は若干回復してきたとお聞きすることが増えてきましたが、設備についてはまだまだ復調には程遠いように感じます。暑い日は、クーラーの効いた事務所で過ごしたいところですが、当社は9月末が決算で最後の追い込み時期ですので、、暑い日もすっきりさわやかに?頑張っていきたいと思います。

2009年8月1日

編集後記 2009年8月号

最近、家の中の整理にハマッてます。そんな時、「佐藤可士和の超整理術」を読みました。ユニクロのロゴや麒麟極生のCM他で有名な、日本で有数のアートディレクターの彼と整理術・・・両極端のイメージです。クライアントの思いを整理し本質を捉えることがアートディレクターの仕事と言い、「空間」「情報」「思考」すべてを整理することから新しいアイデアが生まれるという内容に驚きを感じました。

2009年6月1日

みつわトピックス 2009年6月号 ~元気なもの作りに邁進できる日を~

~元気なもの作りに邁進できる日を~

今年も6月に入り年の後半を迎えます。
景気も少しずつでも戻るのかと思いきや またGMの問題発生です。
我々中小メーカーには直接関係無いように思えますが、やはり問題の大きさに我国の大手ユーザー様もまた足取りが重くなるのではないか、強いては設備投資の延期、凍結、中止へと流れていく事が怖い昨今です。
今回、わが社は2009年「明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社」に選定されました。普段から環境に特化し、社会のお役に立てればとの思いが認知されたのだと思います。
最近は太陽光発電の原料関連に特需を見出しました。
元気なモノ作りにまい進できる日が早く来ることを祈っています。(小林)

2009年6月1日

営業トピックス 2009年6月号 ~産廃設備の飛灰スラリーにラバーセルが採用~

~産廃設備の飛灰スラリーにラバーセルが採用~

飛灰洗浄装置(飛灰洗浄・飛灰脱水脱離液等のスラリー液移送用)にみつわラバーセルポンプをご採用頂きました。
『飛灰スラリー』とは産業廃棄物を焼却した際に発生する焼却灰の飛散抑制のために使用した薬品+水を含むスラリー液のことで、非常に塩濃度が高く腐食性をもつスラリー液です。これに対し、接液部にライニングを施したラバーセルポンプは優れた耐食性+摩耗にも強いという特徴を併せ持ち、さまざまな分野での実績が評価されご採用にまで至りました。
f3ff2d41ea0e55d69e7e4fafea399e02-300x93
その他、焼却場の排ガス処理設備やセメントリサイクル設備でも、同様にご使用頂いております。
みつわポンプは今後もニッチな用途に特化し、皆様のお役に立てるようがんばります。(鳥居)

2009年6月1日

みつわ営業奮闘記 2009年6月号

小林 三郎

戦後最悪のGDP成長率に表れるように、厳しい景況が続いております。
みつわポンプも同様に厳しい中にありますが、新製品の開発,新産業への営業等、この機に前向きな活動を広げ、少しずつですが成果も見られるようになりました。
ピンチをチャンスにと言えば聞こえは良いですが、今こそ正攻法の積み重ねが必要なのだとも思います。
さて話は変わりますが、この頃、同僚の池川に薦められた本にハマってます。
中国の小説をベースに、北方謙三氏が書いた「水滸伝」という小説です。
腐敗した政治(国)に対し反旗を翻す男たちの物語で、文字通り同じ志を抱く同志が結集し共に闘う姿が描かれています。時代は変わり、豊かな日本で生まれ育った私ですが、志を持つことの大切さを改めて感じたような気がします。混乱の世の中ではありますが、真っ当な信念を持ち続け行動できるようなりたいものです。

2009年6月1日

編集後記 2009年6月号

今年もまた夏が近づき、我が家の「グリーンカーテン計画」がスタートしました。今年はきゅうりと西洋あさがおにしました。昨年の失敗を参考に、深めのプランターを用意し水切れを予防、病気には早めに対処して・・・と、今年こそはと意気込んでいます。

2009年4月4日

みつわトピックス 2009年4月号 ~定年を迎えて~ 梅原 芳夫

~定年を迎えて~ 梅原 芳夫

本年は100年に一度有るかの大不況と言われており大変な年を迎えました。
3月期は卒業のシーズンでもあり、社会人にとっても移動や家族との別れ、
新たな出発が控え人生の節目の月と思われます。
私事で恐縮ですが、昭和45年にみつわポンプに入社し本年3月で定年を迎えますが、39年間お世話になりました。終戦後のベビーブームに生まれ、その頃は兄弟姉妹は4人、5人は当たりまえでした。私の実家も少しばかりですが農家をしており、学校から帰ると兄弟でそれぞれの家事の分担があり、牛の世話、鶏の世話、風呂焚きなどをこなし、夜は宿題をやる前に寝てしまい学校の先生に良く叱られました。そのころは農家がイヤ、イヤで仕方ありませんでした。
私が高校を卒業して働くころは、日本も高度成長の時代であり、今の様な就職難は考えられませんでした。休日は日曜、祭日のみでしたが体力には自信があり、大きな病気もせず今日に至っております。私が長く勤められたのは、一番に健康であり目標を持ち会社、家庭を大事にしたおかげと思っております。
幸い人間関係にも恵まれ、せめて後4~5年は勤めるつもりでおりましたが、実家の両親が何分高齢で手助けも必要と思われる為、退社して実家に戻る決意を致しました。第2の人生の始まりですが、新たな気持ちで頑張りたいと思います。
こんな私が長い間働く事が出来ましたのも、皆様のおかげと感謝しております。
最後に「持続は信用成り、継続は力なり」は私の好きな言葉ですが社員一同、社長・専務を盛り立て「みつわポンプ創立100周年」に向けて躍進を続けることを願っております。
本当に長い間お世話になり有難うございました。

2009年4月3日

営業トピックス 2009年4月号 ~テスト機の運用で不安解消~

~テスト機の運用で不安解消~

近年お問い合わせの中に

  • 移送液の粘性・濃度が高いため、移送可能か調べたい
  • 自吸用途だが、吸上げ揚程に不安がある・・・
  • 汚泥回収に可搬式を使えないのか

などなど、1度トライしてみたいとのお客様のお声を頂くことがあります。
可搬式ポンプ・ゴムライニングポンプ・標準ポンプと全シリーズ取揃えております。
不安要素など、問題視される箇所は、実際運転してご確認頂けるかと思います。
ポンプ用途にお困りの場合、まずは気軽にご相談下さい。

2009年4月2日

みつわ営業奮闘記 2009年4月号

鳥居 繁貴

こんにちは、いつも御世話になっております。
大先輩が引退されることになり、担当地域が増えて忙しくなってきましたが、まだまだ景気の影響で、出張後に机の上が手がつけられないほど賑やかになることはさほど多くありません。
となればもちろん数字の面でも賑やかさはかけらも感じられず、より一層皆様の元へ足を運び一つでもよいお話が聞けたらと思っております。
プライベートでは先日、21年間にもなる付き合いの幼馴染が結婚しました。初めてできた友達で家も隣と言うこともあり嬉しいやら、奥さんに親友を取られ悲しいやら複雑な気持ちになりました。昨年6月に誕生した我が娘もいつかは。。。と思うと今から憂鬱でなりません。まぁまだ20年は先のこと、それまでは頑張って弊社のポンプ達を嫁がせていこうと思います。

2009年4月1日

編集後記 2009年4月号

最近、エコ意識が若い人たちにも浸透してきています。
25年程前、当時の勤め先に入社してきた新卒生。「炭焼き」が趣味という彼は、食事には必ず「MY箸」を持参していました。当時、私達は彼と一緒に外食する時は少し恥ずかしい思いでしたが・・・彼はその重要性を熱く語っていました。 エコを考えるとき、今でも彼を思い出します。

2009年2月4日

みつわトピックス 2009年2月号 ~困難な状況に立ち向かって~

~困難な状況に立ち向かって~

新年おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
新年早々暗いニュースばかりで世間の様相は、全くめでたくない状況が続いています。
当社も昨年来、新規大型設備は凍結・中止が続き販売実績を落としております。このままゆけば
大変な状況になると実感いたします。
早急に事業計画を見直し、製造・販売計画を根本から建て直しております。固定費は落とさず変動費をどこまで落とせるか、その上でお客様に迷惑をかけないことが大きな課題です。ただ、中小のメーカーですので従業員には迷惑のかからない見直しにしたいと考えております。
当社として、本年は環境分野で現在使用していただいているポンプのフォローに特化してまいります。苦しい状況ですが、将来への投資として、新製品の開発は予定どうり進める所存です。
従業員一同このような世情だからこそ、心を一つにして皆様のお役に立つよう努力いたします。
色々ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。(小林)

2009年2月2日

みつわ営業奮闘記 2009年2月号

新井 晃一

御世話になっております。昨今はどこもかしこも暗いニュースばかりですね。
暗い話ばかりだとメンタル面も同じように低迷しちゃいますので、ここは個人的な暗くないお話をさせてもらいます。
昨年は公私とも充実した1年でした。仕事ではいい意味で慣れましたし、プラントメーカーを担当させていただくようになりました。居眠りを得意とする私が居眠りも忘れてしまう位、ポンプのことを考えていました。
また、プライベートでは趣味でやっていたDJ活動が活発的になり毎月定期的にプレイするようになりました。出会いも沢山ありますし、趣味の輪も広がります。
こうした充実した日々を過ごせたことに感謝し、これからも公私ともに精進してまいりたいと思います。

2009年2月2日

営業トピックス 2009年2月号 ~環境問題への取り組みに貢献~

未来の地球を考えるとき、≪環境≫は最も重要なテーマの一つです。
環境に対する取り組みが年々高まりつつある中で、みつわポンプは「産廃処理設備」に微力ながら貢献しております。
産廃には、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ・・・等の廃液があり、正直、何が入ってくるか想定できないケースが多いようです。
このような難しい設備に於いて

  1. 酸アルカリなどによる腐食 → ステンレス,ゴムライニングで対応
  2. 外部への漏れが問題   → 無注水ダブルメカで漏れが微少
  3. 故障時の復旧の問題 → バックプルアウト方式でメンテが簡単

・・・といった長所を持って活躍しております。
また、みつわポンプでは一昨年から会社行事の一環として、月に一度、会社付近の清掃(ゴミ拾い)活動にも取り組んでおります。
廃棄物は人間が生んだ負の産物の一つです。
美しい未来のために・・・小さなことから始めてみようと思います。 (小林三郎)

2009年2月1日

編集後記 2009年2月号

今年もインフルエンザが流行しています。「新型インフルエンザ」という大変怖いウィルスが発生する可能性もあるようですね。有効な予防策は見当たらないようですが、私達のできることは日常的なうがい・手洗いの励行と過労にならないことでしょうか?私は日々、自転車で基礎体力の増進だけは?図っています・・・

2008年12月4日

みつわトピックス 2008年12月号 ~刻苦勉励の精神で~

~刻苦勉励の精神で~

このたび私こと小林三郎は、株主総会の決議により専務取締役に就任いたしました。
振り返れば、社会人としてこの業界でお世話になり13年目となります。
大学を卒業してすぐに工場での勤務となりましたが、当初は工具の名前すら分からず、随分飲み込みの悪い新人であったことも思い出します。
以後、設計,クレーム対処など技術関係の仕事を経験した後、営業マンとして東京での勤務を経て、現在は調達,人事,経理方面の仕事にも携わるようになりました。
様々な場面で、お客様,お取引先,諸先輩方からの、厳しくも暖かなご指導を頂いたことを思い返し、感謝の念に堪えません。
まだまだ未熟者であり、これから先も日々勉強と努力の積み重ねです。
お客様に対するサービス向上、引いては社会への貢献に励みたく決意を新たに頑張って参りますので、今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。  (小林三郎)

2008年12月3日

営業トピックス 2008年12月号 ~業種別の納入台数比較~

~業種別の納入台数比較~

 (07年10月~08年9月)

0d15f79b5588ab9cbb851d3244ec4215-300x122
08年度も9月30日で無事決算を迎えることができました。そこで、昨年に続き業種別の納入台数比率をトピックスで紹介させて頂きたいと思います。
08年度は、「電子部品・半導体関連」「鉄・非鉄関連」「有機・無機化学」の3業種は前年度と同等の比率となりましたが、官庁(公共事業)が50%DOWNとなりました。逆に今まで、あまり比率の高くなかった「産廃・リサイクル関連」「自動車・タイヤ関連」の伸張が見受けられる結果となりました。
09年度はかなり厳しい経済環境下になると思われますが、様々な業種でみつわポンプが活躍できれば・・・と思います。   (池川)

2008年12月2日

みつわ営業奮闘記 2008年12月号

梅原 芳夫

早いもので残すところ暦も1枚になってしまいました。今年も色々なことがあり、そろそろ10大ニュースの発表がある頃ですが、個人的には長女に子供が誕生しました。
初孫でもあり世間で言う「目に入れても・・・」を実感しております。
来年は60歳となり、定年を向かえます。
人生の折り返し・・・第二の人生と感じております。幸い健康にも恵まれ、30数年間病気もせず働けたのも、丈夫に生んでくれた両親、支えてくれた家族や安心して働ける会社があればこそと感謝しております。
さて、私も来年はラストスパートの年でもあり、何かを実績として残して悔いのない人生にしたいと思います。
皆様のご協力なしでは成し得ないと感じております。
何卒、宜しくお願いいたします。

2008年12月1日

編集後記 2008年12月号

「整理収納アドバイザー」という職業があるようです。プロにお金を出してまで自宅の”片付け”の指南を受ける主婦が結構いるとか・・・優れた整理収納の利点は見た目の美しさだけでなく、”物”が効率的に活用され無駄が省けること。情報も同様ですね。情報があふれ、ネットですぐ検索入手できるからこそ、自分なりに整理して有効活用したい・・・と思いました。

2008年10月4日

みつわトピックス 2008年10月号

~第53期決算を終えて~

猛暑も過ぎ日に日に秋の候を感じ、朝方は肌寒さのため薄布団にしがみつく昨今です。
当社は9月末本決算を終えました。前期は売上は微増、収益は横ばいでした。
上期は、これまでにない好景気に支えられ目標を大きく上回りましたが、下期に入り燃料問題・アメリカの金融関連の不安などによって、大手企業様の新設設備計画の中止または延期が続きました。
これらが大きく影響し、目標成績に満たない結果となりました。
いずれにせよ、目標数字を落としたことは変りません。大いに反省し今期に活かしてゆきたいと思います。今期は、新組織での責任体制、標準付属品の一新、原価低減、新製品の開発などが大きなテーマです。全社員決意を新たに社業に精励いたします。
なにとぞ本年度もよろしくご支援、ご指導のほどお願い申し上げます。(小林)

2008年10月3日

営業トピックス 2008年10月号 ~排煙脱硫装設備(水酸化マグネシウム法)の採用事例~

~排煙脱硫装設備(水酸化マグネシウム法)の採用事例~

酸化処理後の水マグスラリー移送用としてみつわポンプ採用
某ケミカルプラントでは、ボイラー用排煙脱硫装置の酸化後の水酸化マグネシウムスラリー移送用として、これまで特殊ステンレス製のポンプを使用していましたが、ポンプの寿命が短く、部品が高価であるためランニングコストに頭を悩ませていました。(硫酸イオンの腐食とスラリーの摩耗が原因と思われます・・・)
そこで、ラバーセルポンプをテスト採用していただくことになりました。テスト採用後1年以上が経過しますが現時点では順調に稼動しており、既存ポンプより寿命が延び、さらに部品価格も比較すると安価になり、大幅にランニングコストが下がると予想されます。こちらでは、ポンプを高く評価していただき、現在4台稼動しています。
硫酸イオンによるポンプスリーブの隙間腐食が予想されますので、スリーブは特殊一体型タイプを使用しています。
これまで、どちらかというと当社ポンプはケミカルプラントでの実績に乏しかったのですが、これを機にケミカルプラントでもみつわポンプがもっと活躍していければ・・・と期待しています。(池川)

2008年10月2日

みつわ営業奮闘記 2008年10月号

池川 宏二

アメリカの金融危機・福田首相の電撃退陣・事故米の転売・・・世間では暗いニュース ばかりですが、個人的に明るいニュースがありました。それは、9月に長男(第二子)が誕生したことです。親に似たのか、出産予定日から1週間以上遅刻して生まれてきましたが、無事に生まれてほっとしています。
仕事の方は9月30日が本決算となり、営業成績は下期に失速し目標には届かず、前年度の微増にとどまりました。今年度はさらに厳しくなることが予想されますが、子供の平和そうな顔を見ていると、景気がどうこう・・・政治がどうこう・・・言ってる場合ではないので、頑張ってオシメ代を稼ぎたいと思います。

2008年10月1日

編集後記 2008年10月号

この秋から・・・当社では自転車通勤者が増えています。理由は「原油高・諸物価高騰に対抗して!」「そろそろメタボが気になって・・・」「只々、風を感じたい~♪」などそれぞれですが自慢の愛車が並んでいます。私もついにマウンテンバイクを買ってしまいました。デビューも近し・・・です。

2008年8月4日

みつわトピックス 2008年8月号

~暑中お見舞い申し上げます~

7月中旬を過ぎ、急に猛暑となりました。7月19日には三重県の桑名市も35度を記録しました。記録的な暑さで参っています。我々の小学校時代は、30度を超えると日射病になるから外で遊ぶのは禁止されました。それから40年以上経過し、確実に地球温度は上がり35度も普通に聞く昨今です。将来を考えると怖い状況です。
景気の方もこの熱さのように過熱してもらうとありがたいのですが、最近はさっぱり解りません。ただ、非常に良い状況は遠ざかったように思えます。猛暑と過熱景気、二つは共存できません。
それなら小暑と過熱景気を期待したいものです。皆様もお体ご自愛いただきご活躍をお祈りいたします。(小林)